夫婦の会話

カウンセリング

一つ屋根の下で、男と女が分かち合いながら暮らすということは大変なことです。

それにお互いを理解するには時間が掛かります。

よく聞くセリフに・・・

どちらかが他方に何か訴えたいことがあり、一度(または何回か)伝えてみたが、理解されないばかりか傷つくのでもう二度と言わない。

コレ、すごーくよく耳にします。

私たちの両親も、ま、言うのは母親ですがね、

よくそんなセリフを言ってましたね。

わたくし、ふーみんから言わせてもらいますと・・・

何故そこで諦める?

折角ご縁あって、一つ屋根の下で暮らす選択をした相手なのに、

諦めることなかれ!

前面から突進してみてはどうでしょう?

何回も、何回も。イノシシくんのように。

例え倒されたとしても、タックルされてもいいじゃないですか

起き上がって、進むのです。

実は私たち夫婦も、

お正月、いや年末からかもしれません。

ふーみんからぶつかっていきましたですよ。

何日もかけて。

でもその愛が通じたのか、夫亮君はついに理解したのです。

やったー! ふーみんの粘り勝ち。

大概は、仕方がないと思うようにもっていくでしょう。

そして他のことに没頭するフリをするかもしれません。

でも心は満たされないのです。

それらは、代償行為でしかありませんから

ラグビー日本代表だって、時間が掛かったのです。

でも一生懸命に”前に進む”ことを諦めなかったから勝ち取ったものは大きいでしょ?

そう、ゆっくりでいいから、時間を掛けて進んでみましょう。

きっと優勝に近づけるでしょう!

タイトルとURLをコピーしました