人はなぜ病気になるのか

猫と節分カウンセリング

長い人生歩いていく中に、二者択一を迫られることが多々あると思います。

全く迷い無く決定できる時もありますが、決着が付かない時だってあるでしょう。

その時、あなたは何を基準にします?

今の正直な気持ち?

将来のことを考えて?

または周りの人との兼ね合いなど?

最初は上手い具合に歩けても、その内どんどんと自分から離れていき、しまいには出発点が分からなくなった時、カラダのどこかでも同じようにズレが生じているのです

どこかの地点でカラダからのお知らせがきますが、それを無視しつづけると

何らかの病を授かるのです。

自分から離れて歩くしんどさに気づき、軌道修正を図ってみる。

自分の歩いてきた道のりを見返してみる

それだけでも気持ちは楽になるでしょう。

最初のカウンセリングではその部分を照らします。

そして次は、色んな選択肢の中から検証する作業に入ります。

ここは、実は一人ではとても難しい作業なのです。

何故なら、一人で(または仲良しの友達)とならついつい楽な道を選びがちです。

ですが実はぬかるみで、無理と我慢の連続であるかもです。

医療と並行して心理面での整理ができると、完治に繋がるでしょう。

そして迷い抜きで、この選択をする!

自分で決定するのは絶対、健康なココロとカラダが宿ります。

次回は、道を変更するかそのまま続けてよいかという選択、のお話です。

タイトルとURLをコピーしました