前頭葉に血を集める”ストレス解消法”

私が書いた下手ピンな図で申し訳ないですが、人の脳のおでこ側にある”前頭葉”を見てください。
”前頭葉”は、人間の脳の中で一番進化した脳で、『人間らしさ』を司ります。
この前頭葉に心臓から送られてくる血液が集まれば、冷静な思考が宿り、創造的なアイデアが湧いてきます。
困難時の打開策にも、遭遇しやすいでしょうね。

反対にストレスと共存している時は、”後頭葉”や”側頭葉”に血が集まります。
食うか食われるかという動物的な生活において、常に敵を意識するストレスと共存しています。
サバイバル、生き伸びるための戦いが続く毎日です。
動物は、そのストレスを糧にして上手く共存しますが、人はそうはいきません。
このような状態の時、血液は”後頭葉”に集まります。
そして『人間らしさ』を忘れ、『動物的思考回路』が優勢に働くでしょう。

また『否定的感情』が頭の中を占めている時は、耳の辺りの”側頭葉”に血が集まります。
すると周りが見えず、パニック状態に陥ります。実際にも目や耳の病として現れることもあるでしょうし。

さてさてこのような時、是非この方法を使って心を落ち着かせてみてください。
簡単です。右手でも左手でも結構、親指以外の3~4本の指をおでこに当てます。
軽く触り、目を閉じてゆっくり目に呼吸しましょう。
そして指に脈拍を感じるまで待ちます。雑念が多い場合は時間が掛かるかもしれませんが、脈は必ず来ますから大丈夫です。
なかなか来ない場合は、おでこの皮膚を少し動かしてみてください。

脈を感じることができれば、前頭葉に血が集まり、そうです『前頭葉が機能』し始めます。
『人間らしさ』も戻り、時間はゆっくりと流れるでしょう。

そしてここでも言えることですが、持続して行う内に芽生えるのです。
1回や2回できないと言って諦めないでください。根気強く続けることに勝るものはありませんからね。

これはヨガでも時折やっています。回数を増やして練習をしてみましょうね。

  • URL Copied!
目次
閉じる