ヨガの心理的効用

猫・癒し・ヨガ教室ココロとカラダ

この間は、『ワニのポーズ』の効果について書きました。

カラダの中の伸びる筋肉は、もうお解りでしょう。

今日は、心理的な効果を書いてみますね。

先日、”胸が開かれて、解放感を感じる”みたいなことを書いたと思います。

では開放されていない時って、どんな時なのでしょう?

閉じている状態ですね。閉じこもって、身動きのできない状態が起こっています。

どこかに。

そんな時、”これはこうに違いない”と断定的に感じてしまいがちです。

自分を守っているつもりなのでしょうが、考え方に柔軟性がないためその内苦しくなるでしょう。

あーあ、息が詰まりそう!

そこで一呼吸ついて胸をオープンにすると、、、

ゆっくりと動くポーズなどでリラックス。 いいですねー

”断定的”から解き放たれ、もしかすると違うかもしれない、というゆとりの幅を持った考え方が宿ります。

カラダの奥まで呼吸が届くことでリラックスして緩むのでしょう。

カラダが変われば、ココロも変わる!

ココロが変われば、思考が変わる!

思考が変われば、楽になる!

そして、ここでスタイルに変化が現れるのです。(なに! ソレ大事)

『ワニのポーズ』のみならず、自分に集中する静かな時間を体験してみてください。

ゆっくりと動かすことがポイントです。

水が染みていくように、カラダの内部に作用していきますから

タイトルとURLをコピーしました