良い歳の重ね方(楽なスタイルって?)

心が洗われる

若い頃は人目や流行を気に掛けて、自分のスタイルを決めたでしょう。
歳を重ねるうちに、気張った服や靴を脱ぎたくなります。
あんな高いヒールの靴を履いて歩けていたんだと、若い自分を振り返って驚きます。
でも、よくよく思い起こすと・・・
無理していたなー、きっとあの時からしんどさを感じていたんだ。
でも折角買ったのだから、高かったのだからと虚勢を張ってしんどくないさ! という顔をしていたような。

今は、楽だけど”自分らしさ”が思いっきり出せるスタイルを模索します。
ああこのスタイルでいると心が洗われる、気分が一掃する、そんな恰好です。
そのスタイルを探すには、少し(多く?)の時間とお金が掛かるでしょう。
けれど探す価値は大きいかもです。

楽なら何でもいい、そのうちどうでもいい。歳だから?
これはふた手に分かれるでしょうが、あなたはどちらでしょう?

では、こんな人いませんか?
楽そうな恰好をしているのに、ちょっとお洒落でおまけに粋。
この人の歳だから出せるのであろう経験と学識が滲み出ている。
お人柄も漂ってくるような。近くにいると心が和む人です

この人の生き方ってどんなだろう? 私もあんな風に歳を重ねたい!
でも悲しいかな、そんな人は非常に少ないです。
けれど目を凝らしてよーく見てください。必ずおられますから。

若い頃私はそんな人を見かけると、心にメモ用紙をおいて観察を開始していました。
お話しするチャンスあらば、是非トライしてみてください。
考え方が違う! と感じるでしょう。
普通一般の服(考え方)を纏ってはいません。
独自の生き方をされているでしょう。
自分の中で調和しているので、人とも調和しているのです。

良い歳の重ね方って、『自分の中での調和』これがポイントではないでしょうか。

  • URL Copied!
目次
閉じる